大学の世界展開力強化事業「第1回 共同運営委員会」および「第1回 日本・アフリカ大学教育交流ミーティング(兼 第五回実施国内大学会議)」を開催しました

news/報告///

 京都大学と東京外国語大学は、両大学が文部科学省の支援の下で実施する「世界展開力強化事業 -アフリカ諸国との大学間交流形成支援-」の一環で「共同運営委員会」および「日本・アフリカ大学教育交流ミーティング(兼 第五回実施国内大学会議)」を、2022年3月11日にオンラインで開催しました。

 16時からの「共同運営委員会」には、両大学の協力校であるアフリカの8大学が参加し、本事業の実施状況と今後のアフリカからの学生の受入についての紹介が行われました。

 16時30分からの「日本・アフリカ大学教育交流ミーティング」には、日本から15大学、アフリカから11大学、その他5団体からあわせて79名が参加しました。はじめに、平島崇男 理事・副学長が開催の挨拶を行い、本ミーティングが日本とアフリカの間の教育に関する様々なレベルのネットワークと協力を強化する機会を提供する場になるとその意義を強調しました。続いて、駐日ルワンダ大使および文部科学省より挨拶がありました。次に、あしなが育英会および豊田通商株式会社よりそれぞれの奨学事業について、北海道大学より日本留学海外拠点連携推進事業(サブサハラ地域)による留学事業の紹介がありました。引き続き、日本・アフリカ大学連携ネットワーク(JAAN)の議長校である東京外国語大学よりJAANを中心とした日本・アフリカ間の大学交流に関する報告があり、アフリカ側からはアディスアベバ大学とステレンボッシュ大学がそれぞれ紹介を行いました。